バレエを習っているお子さんの中には、「将来はプロのバレリーナになりたい」という夢を持っている子も多くいます。ただしバレリーナになるためにはレッスンを積み重ねる必要があり、短期間でプロになる道はありません。つまりプロになりたいと考え始めたその時から準備をする必要があるということです。そこでプロのバレリーナを目指す方のために、プロになるためにはどうすればいいのか、また必要なことについて詳しくご紹介します。

プロのバレリーナになる道とは?

バレリーナには学歴は関係ありません。ですが、プロを目指すダンサーの多くは、子供の頃からバレエ教室でレッスンをしています。そこからプロになるためには、大きく分けて3つの道があります。

バレエ団のオーディションに挑戦する

日本はもちろん、海外にも多くのバレエ団があります。自分が好きで入団して踊りたいというバレエ団があるのであれば、開催されるオーディションにチャレンジする方法が最も近道です。ただ、オーディションはそれほど頻繁に行われることはなく、狭き門です。また日本のバレエ団の場合、入団してもそれだけで生活することは難しく兼業の人が多くいます。また数年の契約しかできないことがほとんどです。海外のバレエ団の場合は、就職できればバレエに集中することができますが、言葉の問題もあり実力の世界なので生き残るのは大変です。

バレエ学校に進む

バレエの専門学校に通い、バレエ団への加入を目指す・海外への留学を目指す方法もあります。バレエの専門学校のほか、バレエ団に付属するバレエ学校などもあります。ただ、日本のバレエ学校では学校といってもレッスン形式になっている場合などもあり、事前にどういった指導を受けられるのか調べておく必要があります。また学歴は関係ありませんが多くは高校卒業程度が対象となっているため、中学の場合は海外のバレエ学校を目指す方が有利なこともあります。

日本や海外のコンクールにチャレンジして留学する

日本や海外で行われているコンクールでは、入賞者に有名なバレエ学校への留学資格を与えるというものが多くあります。バレエを習っているだけで海外のバレエ学校を受験することは簡単ではなく、身長や体型を理由に入学を許可されないことも多くあるためです。コンクールに参加し、実績を積み上げることで、バレエ学校への入学が現実的になります。ただし資格を得て入学したとしても、その後結果を出せるかどうかは個人の努力次第となります。

プロのバレリーナになるために必要な3つのこと

プロのバレリーナになるために必要なのは、技術だけではありません。特に海外のバレエ学校では、「バレエ向きの体」であるかどうかも厳しく審査されます。そのため、プロのバレリーナを目指すなら以下の3つを重視しながらレッスンすることが大切です。

体型

大人になるともう直すことができないのが体型です。足の形(足全体)が悪いと、それだけで入学を許可してもらえない海外のバレエ学校がほとんどです。またバレエ団では身長による規定もあります。成長期に食事と睡眠をしっかりと取ることも大切ですが、年齢や体型に合わせたレッスンも必要です。コンクールの入賞のために無理な踊りをすると手足に悪影響が出てしまい、将来に大きく影響することもあるのでプロを目指すなら教室選びも重要になります。

音感

バレエは踊りだけでなく音楽も必須であるため、音感を鍛えることが必要です。リズム感などもトレーニングで身につけることが可能なので、早い内にレッスンをすることが必要です。

技術

バレエの技術を身につけることは基本です。これはレッスンを積み重ねればいいことです。ただし、正しい指導をしてくれる教室を選ぶと共にプロのバレリーナを目指すためにどういったことをすればいいのかを理解している指導者に教わることも大切です。